【氏名】
やなか えつこ / 萃悦(すいえつ)

【肩書】
占星術師
一般社団法人日本占道協会 認定講師/鑑定師  

 

【活動内容】
・四柱推命による命式鑑定
・西洋占星術によるホロスコープ鑑定
・両占術による対面鑑定・メール鑑定
・両占術の習得講座

【私と占い/占いに対する想い】

はじめまして。やなかえつこと申します。プライベートでは、3人の子どもたちを育てながら、現在、鑑定師・講師のお仕事をしています。

私の占いに対するいちばんの想いは、【ご自分の星の特徴を知って楽に生きてほしい】ということ。

人間は生まれながらに人と違い、それはホロスコープ上での星の位置の違い、四柱推命での命式の違いです。全く同じ人生を歩む人は誰一人居ないのだから、自分という人間はこの 世界で唯一無二の存在 です。

元々、違う人間で個性もみんなバラバラなのに、成長していく過程で「みんな一緒じゃなくちゃ」「みんなと同じように」「出る杭は打たれる」等… だんだんと『その人しか持っていない素敵なところ』を削られて来たような気がします。

そんな風に育って来た私たちは大人になっても「本来の自分」を見失っていて、自分じゃない誰かを目指して借り物の人生を歩んで、でもやっぱりそれは 「本来の自分」ではないので、苦しんでいる ように思えるのです。

実際に、私もそうでした。星の示す人生を歩んで居ない(つまり自分の持つ星を生かして居ないと)自分の星たちは拗ねてしまいます。四柱推命ではこれを『陰転』と言います。

私の星たちは『目標に向かって』『社会に出て自分の才能を生かすこと』を望んでいます。けれども、わたしはそんな星の声も聞かず、ずっと家庭に篭っていました。自分で望んでしていたことなのに、なぜか私の心のバランスはどんどん崩れ、卑屈で自己肯定感も低くて「自分なんて何の価値もない」「私なんて生きている意味があるのかな」って、本気でそう考えていました。もちろん、夫婦間の関係も悪くなって行きました。 星の示す生き方と真逆だったから です。

そうやって苦しんでいるときに「西洋占星術・四柱推命」と出会って、何で行き詰まっていたのか、自分にはどんな使命があるのか、どんな方向を目指して行けば良いのかが判明し、ずっとコンプレックスに思っていたこともどんどん溶けて行きました。

【自分はこのままで良いんだ】と、自分を許す・認めるきっかけになった のです。
大げさに言えば、そこから人生が変わりました 。

何となくうまくいかない、壁にぶつかっている、自分を生きている実感が持てない、自分の悪い(と自分で思い込んでいる)ところを責めてしまう、幸せなのにモヤモヤする…そんな方に、ぜひご自分の星を知って欲しいのです。

 唯一無二のご自分の素晴らしさを知ってほしい 。

そんな想いで、日々鑑定・講座をしています。


★AstrologyTokyo