四柱推命の歴史と概要                                                                   

四柱推命とは、太古の中国で生まれた「陰陽五行説」を応用し、日本で伝承されてきた占いです。
易経(陰と陽の二つの要素から成り立つという理論)と五行説(万物は木・火・土・金・水の5つの要素から成り立つという理論)を組み合わせたものです。
干支歴をもとに、年と月と日の干支を算出して占う統計学です。

◇ 中国の陰陽五行説を元に開発
四柱推命とは、太古の中国で生まれた 「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」 を応用し、日本で伝承した占いです。
四柱推命で使われる数値の算出には「算命学」という、運命学の一流派である学問の技法が 取り入れられております。この為、四柱推命は伝統的な知識を体系づけた学問と位置付けられます。

◇スピリチュアルではなく統計学
占いというと、「スピリチュアル」や「オカルト」などを想像する方も多いですが、四柱推命は学問に基づいて開発された、「統計学」の一種です。
算命学を元に算出された命式表は、莫大なデータを統計してその意味を解釈しています。統計学という点でいえば、天気予報と同じです。天気予報があるおかげでその後の天気が予測でき、1日の行動予定が立てられます。四柱推命もこれと同じ、はいわば「人生の天気予報」です。自分の性格や運命の傾向を知ることで、その後の自分の命運を予測することができます。不調になりやすいシーンが分かればそれに備えて準備ができるし、成功しやすいシーンが分かればそうなるようにアクションを起こせばいいのです。
算命学という学問と莫大なデータを元に研究された四柱推命は、「相手のことを考える科学」 です。 四柱推命を知ることで、 相手を幸せに導くことができます。

◇社会的に信用のある学問
四柱推命は、その的中率の高さから「占いの帝王」と呼ばれています。
四柱推命は社会的地位のある人たちが積極的に取り入れています。会社の命運を握る企業の経営者、時代の流れを読むのが重要な政治家や、芸能人など、社会的に信用があり影響力のある人たちほど、運気の流れや命運を気にしています。このような人たちが積極的に取り入れ、成功へと導いている四柱推命。人生を制する最強のツールと言っても過言ではありません。

 

◆人生に訪れる変化

四柱推命を勉強すると、悩みの9割が解決され、思い通りの人生を歩むことができます。四柱推命は「人生の天気予報」。自分にとっての晴れの日や雨の日を知ることで、計画的に行動することができます。 

1)自分が得意としていることや価値観がわかる

「これでいいのかな」「本当の自分って?」と迷った時の指針になります。逆に、自分が陥りやすいパターンもわかるようになります。長所と短所は表裏一体。自分の性質を知ることで、陥りやすい失敗パターンや気をつけるべきことが分かります。
 

2)アクションを起こすタイミングがわかる

 12個のサイクルで巡ってくる運勢。それぞれの時期に合った過ごし方があります。流れに乗ることで、成功しやすい道を選んで歩くことができます。
 

3)モテ期、婚期がわかる

四柱推命では自分にとって相性のいい相手、恋愛・結婚をするのに適した時期も分かります。自分を知って、相手を知ってから結婚へ進めます。

 
◆人間関係に起こる変化

1)相手のことがより深く理解できる

生年月日が分かれば相手がどのような人なのかを第一印象・本質を把握することができます。

2)誰とどの様に付き合えばよいかわかる

自分の可能性を広げてくれる人、ピンチの時に助けてくれる人、仕事で組むと飛躍する人、など、誰とどのような付き合い方をすればよいのかが瞬時に分かます。
 

◆人間関係の悩みの9割がなくなる

相手のクセや喜ぶポイント、言ってはいけないことなどが分かるので、「私の何が相手を怒らせてしまったんだろう?」などと悩むことは無くなります。
さらに、一緒にいると自分の人生が好転する相手、共に高め合っていける相手、空回りしていく相手が、長い時間を費やさなくても全てではありませんが、見極めることができます。
 

ピックアップ記事

  1. ■ウラーラチャット鑑定師説明会について■ …
  2. 現時点で、ご参加の意志のある方、まだ迷っているけど前向…
  3. 一般社団法人日本占道協会の定例会を開催致します。 …